【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > リノベーションでミッドセンチュリーデザインを取り入れるコツについて解説

リノベーションでミッドセンチュリーデザインを取り入れるコツについて解説

≪ 前へ|イオンハウジングの「AI不動産査定」   記事一覧   イオンモール白山店 営業時間変更のお知らせ|次へ ≫
カテゴリ:リフォーム/リノベーション

リノベーションでミッドセンチュリーデザインを取り入れるコツについて解説

マイホームをリノベーションするなら、間取りはもちろん、デザインもしっかり選んでこだわりの空間にしたいですよね。
インテリアスタイルの種類は数多くありますが、最近は「ミッドセンチュリー」というデザインの人気が高まっていますので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、ミッドセンチュリーとはなにか、北欧デザインとの違いやリノベーションをする際のコツについて解説します。
マイホーム購入後に、リフォームやリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

リノベーションで人気の「ミッドセンチュリー」とは

リノベーションで人気の「ミッドセンチュリー」とは

ミッドセンチュリーとは、「世紀(センチュリー)の真ん中(ミッド)」という意味で、主に20世紀半ばの1940年~60年代を指します。
そしてミッドセンチュリーは、この頃にブームになった家具やデザインを指す言葉として、建築業界やインテリア業界などで使われています。

ミッドセンチュリーデザイン発祥の背景

ミッドセンチュリーは、第二次世界大戦後のアメリカで流行したインテリアデザインです。
当時、アメリカは戦勝国であり戦場にならなかったことから、さまざまな産業が発展しました。
アメリカでは、第二次世界大戦時の軍事産業によって、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)やプライウッド(成形積層合板)といった新しい素材や、技術の開発が進みました。
これらの素材や技術は、シンプルで、なおかつ曲線を作りだせることから、デザイン性が高い家具の生産に活用されたのです。
また、戦場から帰還した兵士たちが住む住宅の需要が高まったこともあり、ミッドセンチュリーは人気を高めていったといわれています。

ミッドセンチュリーデザインの特徴

ミッドセンチュリーの大きな特徴は、曲線を用いた自由度の高いデザインです。
20世紀半ばまでの家具は、直線的なデザインのものがほとんどでしたが、FRPやプライウッドを取り入れたことで、丸みのあるデザインで家具を作ることが可能になりました。
そのため、洗練された見た目とフィット感のあるデザインの家具が多く生産され、ミッドセンチュリーデザインの大きな特徴となったのです。
また、1960年代に流行したポップアートの影響を受け、ビビッドカラーを差し色に使う点も特徴の1つです。
自由度が高く、明るい色のデザインは当時の人々に受け入れられ、現在でも古さを感じないヴィンテージ家具として人気を集めています。

リノベーションで人気のミッドセンチュリーと北欧デザインの違い

リノベーションで人気のミッドセンチュリーと北欧デザインの違い

リノベーションをする際のデザインとして、「北欧デザイン」も人気があります。
ミッドセンチュリーと北欧デザインはテイストが似ていることから、混同される方も少なくありません。
そこで、2つのデザインを比較する前に、北欧デザインの特徴について解説します。

北欧デザインとは

北欧デザインとは、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーといった北欧で生まれたデザインのことです。
北欧は、森林や湖などの自然に囲まれた風土であることから、温かみを感じる木製の家具が多く、見た目はシンプルで丸みがあります。
差し色は、ナチュラルなアースカラーで、優しい色使いのものがほとんどです。
北欧は、夏は短く冬は長いのが特徴で、とくに真冬は日照時間が短いという厳しい自然環境のなかで人々は暮らしています。
そのような環境のため、自然と家のなかで過ごす時間が多く、シンプルで飽きのこない家具やインテリアが好まれるようです。
北欧デザインは、日本家屋の雰囲気や日本人の感性にも良く合うことから、日本でも人気があります。

ミッドセンチュリーと北欧デザインはなにが違うのか

ミッドセンチュリーと北欧デザインの特徴をふまえると、両方ともシンプルで丸みがあるデザインが特徴です。
違いを挙げるとすれば、ミッドセンチュリーデザインは、すっきりとしたモダンな印象を受け、色使いはポップなものが多く見られます。
一方、北欧デザインは、ナチュラルでぬくもりが感じられる見た目が特徴です。
たとえば自然をモチーフにした模様や、森林をイメージさせる優しいグリーンの差し色などが家具に取り入れられています。
インテリア雑誌などでは、ミッドセンチュリーと北欧デザインを同時に紹介していることが多く、区別しにくいかもしれません。
ミッドセンチュリーと同時代に生産された北欧デザインの家具は、ミッドセンチュリーに似たモダンな雰囲気も醸し出しています。
もしリノベーションをするにあたって、どちらかのテイストで統一したい場合は、使われているカラーや見た目の印象で比較してみてください。

ミッドセンチュリーデザインでリノベーションをするコツ

ミッドセンチュリーデザインでリノベーションをするコツ

ミッドセンチュリーデザインの特徴や、北欧デザインとの違いについて解説しましたが、リノベーションの際には具体的にどのような方法で取り入れたら良いのか知っておきたいですよね。
そこで最後に、ミッドセンチュリーデザインでおしゃれにリノベーションをするコツについて解説します。

デザイナーズ家具を取り入れる

ミッドセンチュリーデザインでリノベーションをするなら、特徴的なデザイナーズ家具を取り入れると、それだけでモダンな印象の空間になります。
たとえばビビッドカラーの椅子や、当時のデザイナーが制作したヴィンテージ家具など、その部屋の主役になるようなものを置くと良いかもしれません。

フローリングの色をこだわる

ミッドセンチュリーデザインにする場合、フローリングの色にこだわるのもコツの1つです。
モダンな家具には、オークやチークといった落ち着いた色合いのフローリングが合います。
どちらも、年月が経つにつれて色が濃くなり、重厚感のある床に変化していきます。

色のコントラストを意識する

ミッドセンチュリーデザインは、淡い色合いより、コントラストを意識した色使いが特徴です。
色合いを揃えるより、ビビッドカラーのものを主役にして引き立たせたり、モノトーンカラーを取り入れてメリハリをつけたりといった工夫をすると、モダンな印象になります。

アクセントウォールで空間を演出する

アクセントウォールとは、部屋のなかで空間のアクセントになるような壁のことです。
ポップなカラーを取り入れたいからといって、壁全体に色がついていると、圧迫感があり、落ち着かない印象の部屋になってしまいます。
したがって、壁の一部だけにアクセントをつけるのがおすすめです。
たとえば、ビビッドカラーでアクセントをつけたいのであれば、白い壁をベースにアクセントウォールをつけ、明るい色の家具を置くとポップな印象の空間になります。
グレーのアクセントウォールでシックな空間にする場合は、ビビッドカラーの家具を置くと引き立ちますよ。
また、壁に明るい色の絵や小物などを取りつけるのもおしゃれです。
壁紙の柄を、タイルや木目、幾何学的な模様にすると、よりモダンな印象になります。
ただし、あまり多くの色を使うとうるさい印象になります。
家具や小物とアクセントウォールの相性を確認しながら、シンプルかつコントラストの強いカラーコーディネートを目指しましょう。

まとめ

リノベーションに人気の「ミッドセンチュリーデザイン」とは、20世紀なかごろにアメリカで流行したインテリアデザインです。
北欧デザインに似ていますが、ビビッドカラーを差し色に使ったモダンな印象のものが多く、日本でも人気が高いテイストです。
ミッドセンチュリーデザインを取り入れたい場合は、フローリングの色やアクセントウォールに注目したり、デザイナーズ家具を置いたりなど、コツを押さえてコーディネートしてみましょう。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|イオンハウジングの「AI不動産査定」   記事一覧   イオンモール白山店 営業時間変更のお知らせ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0