【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!ふるさと納税をおすすめする理由

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!ふるさと納税をおすすめする理由

≪ 前へ|日本最大級の不動産売却サイト「いえうり」×イオンハウジング   記事一覧   ★購入仲介手数料最大70%割引キャンペーン|次へ ≫
カテゴリ:税金

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!ふるさと納税をおすすめする理由

ふるさと納税は税金が控除されるうえに返礼品がもらえるため、賢く活用している方は多いでしょう。
さらに、ふるさと納税は不動産売却時の節税にもおすすめだということはご存じでしょうか。
この記事では、不動産売却時にふるさと納税をおすすめする理由、譲渡所得税やふるさと納税の控除上限額の計算方法について紹介します。
不動産売却を検討している方は、ご参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

不動産売却時の節税にふるさと納税をおすすめする理由

不動産売却時の節税にふるさと納税をおすすめする理由

ふるさと納税とは、納税者が好きな自治体に寄付をする制度で、寄付した額に応じて所得税や住民税が控除されるメリットがあります。
地域の特産物や旅行の際に利用できる宿泊券など、自治体によってさまざまな返礼品が用意されているため、魅力を感じて利用する方も多いでしょう。
生まれ育った故郷を離れている方も、ふるさと納税を通じて地元を支援することが可能です。
ふるさと納税は、不動産売却時に発生する税金の負担を軽減できる側面もあるため、不動産売却を検討している方はふるさと納税の活用をおすすめします。
不動産売却益の節税にふるさと納税をおすすめする理由は、課税方法やふるさと納税の仕組みにあります。
同じ年に不動産売却とふるさと納税をおこなうことで、税金負担が軽減される可能性があるため、事前にそのノウハウを知っておくと役立つでしょう。

譲渡所得税の課税方法とは

不動産を売却すると、得た利益には税金が発生します。
この税金は譲渡所得税と呼ばれ、所得税と住民税を指します。
不動産売却においては、収入面だけでなく、税金などの支出面も把握して資金計画を立てることが重要です。
所得税の課税方法は総合課税と分離課税に分かれます。
総合課税は給与所得や事業所得などが該当し、他の所得と合算して計上される方法です。
一方、分離課税は他の所得と分けて税額が計上され、不動産売却時の譲渡所得税は分離課税に該当します。
退職所得や山林所得、配当所得なども分離課税で計算されます。
不動産売却時にふるさと納税をおすすめする主な理由は、譲渡所得税が分離課税で所得に加算され、例年よりも所得額が大幅に増加するからです。

ふるさと納税は所得額が多いほど節税効果が高まる

ふるさと納税には上限額が設けられており、この上限額は所得額に応じています。
毎年所得額に応じて寄付額を調整することで節税効果が高まります。
所得が多いほどふるさと納税の恩恵が大きく、おすすめです。
所得額が増えた年は同時にふるさと納税の上限も引き上げられるため、ふるさと納税の選択肢が例年以上に増えるでしょう。
これまで上限額をオーバーしていた返礼品を試してみてはいかがでしょうか。
たとえば、ふるさと納税で5万円を寄付する場合、自己負担金の2,000円を差し引いた4万8,000円が税額から控除されます。
自己負担金は1度の寄付ごとに発生するのではなく、年間の寄付に対して発生する負担です。
寄付を何度かおこなっても、自己負担額は2,000円なのでご安心ください。
自治体によっては高額な返礼品や貴重な農産物等を用意しているので、さまざまな選択肢から魅力を感じる自治体を選びましょう。
譲渡所得税は不動産を売却した翌年の確定申告で金額が決定するため、長期的な計画を立てることがおすすめです。

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!譲渡所得税の計算方法

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!譲渡所得税の計算方法

不動産売却時におすすめのふるさと納税ですが、うまく活用するには譲渡所得税がいくらになるかを把握しておくべきでしょう。
譲渡所得税の計算方法について解説します。
実際の税額がわかる前にある程度ご自身で計算しておくことで、今後の資金計画が立てやすく安心できるでしょう。

譲渡所得税の計算方法①譲渡所得の額を算出する

譲渡所得税とは不動産を取得した金額と売却した金額の差額に対してかかる税金であるため、まずは売却して得られた利益の額を計算する必要があります。
譲渡所得の計算方法は以下のとおりです。
譲渡所得=売却価格-取得費用-譲渡するときにかかった費用
売却価格から、不動産を購入した金額と売却時に発生した費用を差し引いた金額が譲渡所得となります。
所得費用には不動産の購入額以外に、家や土地を取得するために発生した費用を加算するため、漏れがないように留意しましょう。
具体的には、不動産会社への仲介手数料や購入時に発生したリフォーム費用や造成費用、そして登録免許税や不動産取得税などの税金が含まれます。
何年も前に取得した不動産の場合、当時の詳細が不明瞭なこともあります。
相続した物件の場合は、親や親族に確認し、事前に正確なデータを入手することで売却手続きがスムーズに進みます。
費用を漏れなく計上することで、税金の負担が軽減されるため、注意が必要です。

譲渡所得税の計算方法②課税譲渡所得を算出する

譲渡所得税を適切に算出するために、特別控除が適用されるか確認し、譲渡所得から該当額を控除しましょう。
譲渡所得からの控除額が上回る場合、所得は増加せず、ふるさと納税の上限も引き上げられません。
自ら所有する住宅や相続した住宅の売却には、最大で3,000万円の控除が適用される可能性があります。
国税庁のホームページで該当する要件を確認し、受けられるかどうかを把握しておくことが重要です。

譲渡所得税の計算方法③税率をかけて譲渡所得税を算出する

課税譲渡所得が算出できれば、該当する税額をかけて譲渡所得税の金額を算出します。
税率は売却した不動産の所有期間によって異なり、所有期間が5年以下の場合は30.63%、5年を超える場合は15.315%です。
売却のタイミングによって税額が変動することを認識し、将来の売却計画を検討しましょう。

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!控除上限額の計算方法

ふるさと納税を不動産売却時の節税に活用!控除上限額の計算方法

不動産売却時にふるさと納税を活用するために、ふるさと納税の控除上限額の計算方法をおさえておきましょう。
複雑な計算も含まれますが、1つずつ金額を確定していけば算出できるのでご安心ください。

控除上限額の計算方法①所得控除後の金額を算出する

ふるさと納税の控除上限額の基準となる金額は、給与や事業所得などの収入から所得控除を差し引いた金額です。
該当する控除については、これまでの源泉徴収票や住民税通知書に記載されているので確認しましょう。

控除上限額の計算方法②住民税所得割額を算出する

算出した所得控除後の金額に税率をかけて、住民税所得割額を計算します。
不動産売却による譲渡所得は分離課税なので、不動産を売却した年は総合課税と分離課税が混在することが一般的です。
総合課税は全国一律で10%なので、給与所得や事業所得から所得控除後の金額に税率10%をかけて計算します。
分離課税は不動産の所有期間によって異なります。
所有期間が5年以下の場合は税率9%、所有期間を超える場合は税率5%で計算し、総合課税の金額と合算します。

控除上限額の計算方法③控除上限額を算出する

必要な金額が求められたら、以下の数式に当てはめて控除上限額を算出しましょう。
控除上限額=住民税所得割額×0.2÷(90%-所得税の税率×1.021)+2,000
総合課税と分離課税のどちらもある場合、所得税の税率は総合課税の税率が適用されます。

まとめ

不動産売却をして所得額が増加する年は、ふるさと納税を活用することをおすすめします。
ただし節税効果があるのは不動産売却益が発生する取引の場合なので、計算方法を参考に実際の金額を確認してみましょう。
売却益が発生するときは、節税効果が高いふるさと納税をご検討ください。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|日本最大級の不動産売却サイト「いえうり」×イオンハウジング   記事一覧   ★購入仲介手数料最大70%割引キャンペーン|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0