【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > 間取りの良し悪しを判断する家相とは?家相の見方の基本やポイントを解説

間取りの良し悪しを判断する家相とは?家相の見方の基本やポイントを解説

≪ 前へ|自己破産をする際に不動産を売却するタイミングとメリットについて解説   記事一覧   「注文住宅相談カウンター」のご案内|次へ ≫

間取りの良し悪しを判断する家相とは?家相の見方の基本やポイントを解説

家の間取りを決めるとき、家相を取り入れた考え方を目にすることもあるのではないでしょうか。
より良い家作りのため、家相を取り入れているハウスメーカーも少なくありません。
そこで今回は、家相とはどのようなものなのか間取りを決めるときのポイントとともに解説します。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

間取りを判断するときの家相とは?

間取りを判断するときの家相とは?

家相とは、家の吉凶を判断するためのものです。
方位や運勢を判断する九星気学に、土地の良し悪しを判断する風水の考えを取り入れています。
その歴史は長く、古くは約5,000年前の古代中国で生まれました。
そして日本では、風土や風習に合わせて独自の発展を遂げてきました。
現代では建築学や住居学など、学問的な観点での研究も進められています。
そのため、縁起だけでなく科学的に間取りを検討したいときにも家相は役に立つ考え方です。

風水との違い

風水はもともと、古代中国が国家を統治するにあたり土地を守るために生まれた学問です。
土地や自然物のもつ「気」の流れをコントロールし、より良い環境を作ることがおもな目的です。
そのため風水では、四神(玄武・朱雀・青龍・白虎)が東西南北を守る四神相応の土地が良いと考えられてきました。
日本では奈良時代や平安時代に、四神相応の土地に都が作られたと言われています。
風水は土地の良し悪しを判断する点において家相とは異なります。
しかし、より良い家を作るため家相にも風水の要素も取り入れているのが特徴です。

間取りを決めるときの家相の基本

間取りを決めるときの家相の基本

次に、間取りを決めるにあたっての家相の見方の基本を確認していきましょう。

方位盤の見方

家相を判断する際は、方位盤を用いて鑑定をおこないます。
方位盤は、東西南北に北東・南東・南西・北西を加えた八方位が描かれているものです。
家相は方位学に基づいているので、八方位それぞれに意味があります。
基本的には、東・南東・北西が良い方位とされており、主要な設備はこの方角へ配置する間取りを意識するのがポイントです。
方位盤の使い方
間取りにおいて家相を見るときは、まずは家の中心である太極を調べましょう。
家の四隅の対角線が交わるところが太極です。
そして太極から南北に引いたものは正中線と呼ばれます。
どこが家の中心になるのか分かりにくい場合には、間取り図に対角線を引いて確認すると良いでしょう。
太極がわかったら、その場所に方位盤を置いて家相を鑑定します。
なお、マンションなどの集合住宅では建物全体も確認することが大切です。
基本的な中心の取り方は一戸建てと変わりませんが、建物の形状により位置は変わる点にご注意ください。
家相方位盤があると便利
家相方位盤には、どの方角に何を設置するべきか(何を設置するべきでないか)が記載されています。
たとえば、神棚や仏壇は南もしくは東の方角を向いているのが望ましいアイテムです。
そのため、家相においては北もしくは西へ配置することになります。
また、玄関は悪い運気の通り道である鬼門(北東)や裏鬼門(南西)への配置は望ましくありません。
間取りを決める際も、玄関が鬼門や裏鬼門にならないように配置することになります。

三所が重要

太極、鬼門、裏鬼門は三所と呼ばれています。
そして、三所には三備がかからないようにする「三所三備」が家相の基本として重視されてきました。
三備とは、現代では玄関、キッチン、トイレを意味します。
間取りを考えるとき、間取りのすべてを吉相とする配置にするのは困難です。
そのため、玄関、キッチン、トイレが凶相になることを避けつつ、ほかの配置を決めていくのが基本的な流れとなります。

家相で間取りを決めるときのポイント

家相で間取りを決めるときのポイント

では、家相の観点から間取りを決めるときには何をチェックすべきなのでしょうか。
間取りごとに確認したいポイントを見ていきましょう。

玄関

玄関は家の印象を大きく左右するポイントなので、家相や風水をあまり気にしない方でもこだわるケースは珍しくありません。
まず、人の出入りに合わせて悪い運気が入ってこないように鬼門(北東)や裏鬼門(南西)には配置しないことがポイントです。
さらに、正中線および四隅線(家の中心から南西-北東、南東-北西に引いた線)への配置も避けたほうが良いとされています。

良い運気が入りやすいのは南から東にかけてなので、玄関の配置もその方角を基本に考えていくと良いでしょう。
南に配置すると、日差しが入りやすいため明るい玄関になります。
玄関周りの植物も良く育つので、ガーデニングを楽しみたい方にもおすすめの方角です。
そして、東は朝日がのぼる方角なので午前中は日当たりが良くなります。
朝に日光を浴びると体内時計が整うので、健康面においてもメリットの多い方角です。
また、南はリビングを配置したいといった場合にも東玄関はおすすめです。

キッチン

火気と水を扱うキッチンは、家相においても吉凶を大きく左右します。
まず、玄関と同じく鬼門・裏鬼門の配置は望ましくありません。
また、良い運気と悪い運気のバランスが不安定になりやすいので東や南東に配置すると良いでしょう。
暮らしやすさの面では、換気のため風通しを良くする間取りを意識することがポイントです。
なお、キッチンの正面に玄関はこないようにしましょう。
玄関から取り入れた良い運気をキッチンが跳ね返してしまうためです。
また、トイレが正面に来るときにも注意が必要です。
トイレで生じた悪い運気が、キッチンで滞ってしまいます。
やむを得ずそのような間取りになるときは、間仕切りなどで玄関・トイレからキッチンが見えないようにしてください。

トイレ

トイレは基本的に、どの方位にあっても凶相とされています。
そのなかでも、鬼門・裏鬼門などの良くない方角は大凶とされているので注意してください。
基本的には、東や南東が良いとされています。
また、空気がこもりやすいので窓を付けるなど換気設備は欠かせません。
また、汚水管が家のなかをめぐるのは望ましくないので最短で外に排出できるようにしましょう。
パイプスペースの近くは、排水音が気になる可能性があります。
そこで、パイプスペースを設けずに建物の外へ出してしまう方法もあります。
外観には影響してしまいますが、家相の点では最短で汚水管を出すことが可能です。
同様の理由で、キッチンやバスルームのパイプスペースの位置にもご注意ください。

階段

太極は凶相にあたるため、階段の設置には注意しましょう。
具体的には、家の中央から半径2mの範囲は階段の設置が望ましくありません。
階段には煙突の役割があり、階下の悪い運気がそのまま階上に流れてしまいます。
なかでも家の中央に階段があるときは、家の中心が欠けていることになり家相の面では大凶相です。
また、家の中央では窓を設置できず暗くなりがちなので転倒事故のリスクも高まります。
階段がそのまま玄関へ向かないようにする
生活動線を考えたとき、玄関からそのまま階段を登れる配置は便利に思えますが、家相においては凶相です。
玄関から取り入れた良い運気が2階へ流れるので、1階の運気が滞ってしまいます。
なお、家相において重視したいのは階段よりも水回りなどの配置です。
そのため、大凶相にあたる中心部さえ避ければ、あとは生活動線などの使い勝手を意識して間取りを決めると良いでしょう。

まとめ

間取りを考えるうえで知っておきたい家相について解説しました。
家相には、暮らしやすい家を作るための知恵が盛り込まれています。
とはいえ、家相にばかりこだわりすぎると自由度が低くなってしまうので、あくまでも参考程度に取り入れるのがおすすめです。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|自己破産をする際に不動産を売却するタイミングとメリットについて解説   記事一覧   「注文住宅相談カウンター」のご案内|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0